スポンサードリンク


戦略( 2 )

Tagged

デビット・アインホーンから学ぶ投資の心得『アップル、りそな買いと長期間の金融緩和への警鐘』

有力ヘッジファンド、グリーンライト・キャピタル創業者。 2008年9月に破綻したリーマン・ブラザーズの経営不振を見抜いた、空売りの旗手。 買い物の手掛け、アップル株を長期保有している。 96年にファンド設立以来の運用利回りは年率約20%。 ...
3812 PV

デビット・アインホーンから学ぶ投資の心得『本当に正しい情況を見抜く投資術』

有力ヘッジファンド、グリーンライト・キャピタル創業者。 2008年9月に破綻したリーマン・ブラザーズの経営不振を見抜いた、空売りの旗手。 買い物の手掛け、アップル株を長期保有している。 96年にファンド設立以来の運用利回りは年率約20%。 ...
2133 PV

ウォーレン・バフェットが勧める高利回りの長期投資法『フォーカス投資を成功させるための心得』

ウォーレン・バフェットが勧める高利回りの長期投資法『フォーカス投資の基本』 ウォーレン・バフェットが勧める高利回りの長期投資法『数字で見るフォーカス投資の優位性』 を見ていただいた通り、フォーカス投資の基本や優位性が理解できたと思います。 ...
3515 PV

ウォーレン・バフェットが勧める高利回りの長期投資法『数字で見るフォーカス投資の優位性』

フォーカス投資は、リスクを小さくするために、安全なマージン(本質的価値と現在の株価の差)が十分にあるときにだけ、株式を買います。 また、確率の高い少数の銘柄にポートフォリオを集中させることが、リスクを引き下げるだけでなく、市場をはるかに上回...
5031 PV

ウォーレン・バフェットから学ぶ投資の心得『市場に関する原則から考える銘柄選択』

ウォーレン・バフェットから学ぶ投資の心得『事業に関する原則から考える銘柄選択』 ウォーレン・バフェットから学ぶ投資の心得『財務に関する原則から考える銘柄選択』 これらの原則を考えると、企業の株式を買うか買わないかというところまで分かると思い...
3325 PV

ウォーレン・バフェットから学ぶ投資の心得『財務に関する原則から考える銘柄選択』

ウォーレン・バフェットが企業の業績を評価するときに使う財務に関する原則は、いかにもウォーレン・バフェットらしい基準に基づいています。 ウォーレン・バフェットは、1年ごとの業績をあまり気にしません。見るのは5年平均です。 高い収益性も、太陽の...
3845 PV

ウォーレン・バフェットから学ぶ投資の心得『事業に関する原則から考える銘柄選択』

ウォーレン・バフェットにとって、株式は事業を抽出したものです。 株式市場の理論、マクロ経済、セクターのトレンドなどとは関係がなく、企業が行っている事業に基づいて判断をするだけです。 事業の本質ではなく、表面的な情報に乗って株式投資をする人は...
3631 PV

ウォーレン・バフェットを育てた投資家から学ぶ投資の心得『ベンジャミン・グレアム(バリュー投資の神様)』

前回お伝えしたウォーレン・バフェットから学ぶ投資の心得『投資に成功した10の要因』の偉大なる投資家ウォーレン・バフェットは、数多くの実績を残している世界的に有名な投資家です。 そのウォーレン・バフェットを教育した師匠とも言える投資家の一人が...
5475 PV

投資とギャンブルは心理的構造が全く違う

お金を賭けるといった点から、投資とギャンブルを一緒のように考えている投資家をよく見かけます。 しかし、そのような投資心理を持っていると、思わぬ行動をとってしまったりして、市場から多大なる損失や洗礼を受ける可能性が非常に高まります。 投資とギ...
1958 PV

市場(マーケット)に潜む誘惑と落とし穴が投資に必要な『心の調整力』を失わせる

株式投資などで、市場に参加をする動機として挙げられるのは、将来のためにお金を増やしたい、楽して儲けたい、家族や友人に自慢したい、自由がほしいなど、人それぞれに様々な動機があります。 全てに共通する大きな括りとしては、希望(欲求を満たす)では...
1135 PV

イノベーションはバブルを起こす『バブルの歴史、鉄道バブルと自動車バブル』

以前ご紹介したバブルが起きるのはなぜか?バブルとは何か?の中で、イノベーションを材料とした個別要因によるバブルについて少し触れました。 株式・投資の歴史の中で、新たに登場したテクノロジーによって発生したバブルとは、どのようなものだったのでし...
3241 PV
いつも10年後も使える投資の考え方をご覧いただきありがとうございます。
Facebook、Twitterを通じて、少しでも安全に安定的に資産運用できるような情報をお届けできればと思います。
「いいね!」をして頂いたり、twitterをフォローして頂けると、
皆様に最新の情報や新しい記事などをいち早くお届けできますので、
是非、よろしくお願い申し上げます。
 いいね!をする  フォローをする