トルコ共和国への海外投資で資産運用してみよう『概要・ETF・採用銘柄』

トルコ共和国への海外投資で資産運用してみよう『概要・ETF・採用銘柄』

商人の国『トルコ共和国』

ヨーロッパと中東のちょうど真ん中に位置するトルコ共和国は、ヨーロッパと中東どちらかと言われれば難しい国です。

しかし、そこに位置するトルコ共和国は、ヨーロッパと中東を繋ぐハブの役割をしていて、トルコには商売上手な様々な国の商人たちが集まる国で、それが消費主導経済と言われ、経済成長につながっています。

トルコ共和国概要

  • 首都:アンカラ
  • 公用語:トルコ語
  • 人口:7700万人(世界19位)
  • 通貨:トルコリラ(TRY)
  • 為替レート:1リラ=46.24円(2015年)
  • GDP:806.11 (10億USドル)(世界18位)
  • 経済成長率:2.9%
  • 失業率:9.9%
  • 主な産業:サービス業、工業、農業

 

トルコ共和国の経済成長の高さ

米金融大手ゴールドマンサックスは、2012年に1万504ドルである1人あたりのGDPは、2050年に約4倍の4万8000ドルに到達すると予想しています。

 

若い労働力が経済成長を促進させる

トルコの人口は7700万人ですが、国連によると2050年には9700万人を超えるとみられています。

しかも欧州の中でもっとも平均年齢が低い国であり、7700万人の42%が25歳以下なのです。

 

輸出から国内消費への移行

トルコ経済が輸出依存型から国内消費主導型への移行に成功したことも、国の成長に大きく貢献しています。

数年前までは輸出の5割が欧州に向かい、欧州の経済の浮き沈みに影響されやすい経済構造でしたが、現在では欧州への輸出依存度は3割程度まで下がっています。

 

多くの国との経済の結びつきが強い

トルコは欧州、中東、北アフリカ、中央アジアと経済的結びつきが強く、特に欧州とアジアとイスラム圏とを結ぶハブとして機能しています。

また、トルコ航空はこれらの地域との移動のハブとして、103カ国237以上の都市へ就航しており、こうしたアクセスの良さも、世界中から人、物、金を呼び込む力もトルコ経済を発展させています。

 

トルコ共和国の株式市場

トルコのインスタンブール証券取引所は、上場株式の時価総額が3151億ドル(2012年末)です。

欧州の主要株式市場に比べると規模は小さいですが、中近東の国々と比べると最大規模です。

GDPに対する株式時価総額の割合は約40%と他の新興国と比べて低く、市場規模の拡大の余地は大きいと言えます。

 

トルコの株価も他の新興国と同じく大きく上昇しました

トルコの主要株価指数である『イスタンブールナショナル100種指数』は、2009年始めから2013年5月までの約3年半で3倍以上、上昇しています。

トルコの株式市場は、製造業と金融が上場企業全体の約8割を占めているのが特徴です。

また、売買代金に占める外国人投資家の割合が7割前後と多く、海外株式市況の影響を受けやすい点には注意が必要です。

 

オススメするトルコ共和国の株式相場に連動するETF

筆者がオススメするトルコの株式相場に連動するETFがニューヨーク証券取引所に上場しています。

日本の証券取引所ではなく、ニューヨーク証券取引所に上場している銘柄ですが、日本の証券会社からでも取引可能です。

 

iシェアーズ MSCI トルコ ETF (TUR):iShares MSCI Turkey ETF

  • 運営会社:ブラックロック
  • 取引通貨:米ドル
  • 信託報酬 :0.61% (年率・税抜)
  • 決算:年2回(6月、12月)
  • 配当:あり
  • 純資産総額:570億円

販売会社

 

ETFに組み込まれているトルコ共和国の個別銘柄

上記のETFで組み込まれている銘柄です。

※私が取引している証券会社では個別銘柄の取扱がなく、詳細な企業情報が取得できませんでした。

 

コチ・ホールディングス

コチ・ホールディングスは、1969年に設立されたトルコ第2の財閥です。

コチの関連会社の年間売上高はトルコのGDPの9%に相当し、トルコの輸出の10%を占めています。

さらに、コチ・ホールディングスの関連企業の株式時価総額は、イスタンブール証券取引所の時価総額の約16%を占めており、まさに、トルコの大財閥です。

主な事業は資源、自動車、耐久消費財、金融の4つで、上手く事業分散されています。

ほかにも、食品、旅行、IT関連などの事業も行っています。

 

アナドール・エフェス

アナドール・エフェスは、ビールを製造している企業です。

今後、個人消費の急速な拡大が見込まれているトルコで、恩恵が期待できる銘柄の一つです。

2005年には11カ国2.97億人の市場にビールを販売していましたが、2012年には16カ国6.58億人に拡大し、2012の売上高は64.18億トルコリラで、2006年から2012年まで年率16%の成長を果たしています。

 

タークセル

タークセルはトルコ、カザフスタン、ウクライナなど9カ国の6580万人が利用しているトルコの携帯電話会社です。

設立は1994年、トルコ本国での携帯契約者数は3470万人、国内シェアは53%で第1位、その他の4カ国でも1位のシェアを誇っています。

また、固定回線のブロードバンド事業も展開しており、2012年第2四半期の加入者数は国内1位の19万2000人と2位の10万5000人を大きく引き離す業績を残しており、国内シェアは28%です。

 

オススメ記事&スポンサードリンク

いつも10年後も使える投資の考え方をご覧いただきありがとうございます。
Facebook、Twitterを通じて、少しでも安全に安定的に資産運用できるような情報をお届けできればと思います。
「いいね!」をして頂いたり、twitterをフォローして頂けると、
皆様に最新の情報や新しい記事などをいち早くお届けできますので、
是非、よろしくお願い申し上げます。
 いいね!をする  フォローをする